SPIRIT V 2017.9.17開催決定

 

他の楽器を使わず津軽三味線だけで行うSPIRITライブの第三弾を行います。
弾き手によって様々に変化を見せる津軽三味線の音色や特性を
生の音で聞き比べていただきながら丁寧に解説していきます。
初めて聞くという方にも、おすすめのライブです
(申し訳ありませんが定員になり次第締め切りとさせて頂きます)

詳細はこちら
http://tsugaruspirit.blog.fc2.com/

5/4~5/5 金木大会に行ってきました。

毎年恒例なのですが、今年も連休に金木の津軽三味線大会に行って来ました。

今年も教室のみんなが出場するので、応援です。コンクールの結果は今年は入賞者なしでしたが、みんな確実に上達しています。昨年の課題を克服して前回よりいい演奏をしたと思います。

今年の連休中のほかの大会の入賞者は、以下でした。

弘前大会 ミドルC級優勝、小倉輝久

青森大会、A級女性の部3位 木村香緒里

 

 

今年は鶴の舞橋を見てきました、天気が良かったので岩木山をバックにいい写真が撮れました。

 

弘前の残念ながら桜はもう終わっていましたが、リンゴの花はまだこれからという時期でした。

3/25(土)発表会があります。杉並区内 入場無料

3月25日に発表会があります。

井の頭線浜田山駅から5分の浜田山会館という会場です。特に午後2時以降、名取さんたちの演奏はちゃんと着物を来て本格的な演奏をします。

最後の16時少し前頃には、代表の澤田勝邦も演奏予定です。入場無料なので、興味のある方はぜひお越しください。

 

名取4人の駅前演奏

小田急線、経堂駅前で演奏するというので、見に来ました。

邦風、邦楽、邦衣、邦燕

img_0929

商店街のお祭りイベントで4人で約1時間演奏です。

img_0930

かなり沢山のお客様が立ち止まって、見ていました。

最後は沢山の拍手と、声援が聞こえで賑やかな演奏でした。

南伊豆町で学校コンサート

10月25日猫勧進ライトバージョン3名で、学校のコンサートに南伊豆町に行ってきました。

24日に前日泊だったので、下田で少し見学

img_0857 img_0874

夜はもちろん金目鯛で一杯です

img_0916

翌日の学校はこんな感じ公演当日の様子と写真は、担当の校長先生から送っていただくことになっているので後日紹介します。
ここ南伊豆町立東中学校は、木造アーチ構造の素晴らしい体育館です。

img_0919 img_0918

それにしても泊まったホテルがいまいちな感じで寝られずに疲れました。

 

 

 

留学生の稽古

ロンドンからの留学生の稽古

昨日は通常の稽古時間の1時間前に彼は来ました。

練習場所が限定される、寮生活の留学生。 彼は寮の音楽室でいつも練習しているそうです。でも他の人がピアノを弾いていたりすると、自分の練習が思うようにできずに、タイミングを伺っては練習しているそうです。

そんな話を聞きましたので、彼が来る1時間前には私の稽古が始まっていて下の階の防音室が空いているので自由に練習してOKですよと、誘ってあげました。

そして今日の彼が来た時間となりました。

その彼、どんどん上達します。シャイな方なので、あまり言いませんが、私は過去数百人の稽古をしてきましたから、彼の練習量、または津軽三味線に対する意気込みが分かります。そして不思議なのは外国訛りが少ないように感じる点です。おそらくこれは彼の素直なひととなりがそう感じさせるのでしょう。

将来、津軽三味線が彼に何をもたらすか、いまは未知数ですがなにか大きな影響をもたらす存在になっていくようなそんな気配を感じる、寡黙で真面目で一途な印象の彼です。

帰国までにできるだけ上達できるようにに、したいと思います。

今はじょんがら新節を覚えて質的な面を鍛錬中、並行してあいや節の譜読みです。

そして、帰国前に彼を囲んで教室の有志とで懇親会か送別会をしたいと思っています。

 

名取勉強会

昨日は勝邦会の名取会が主催する勉強会がありました。
このイベントはすべて段取りから名取会と担当役員が段取りをしています。

教室に今回は11名の名取が集まり、その時々で講師の方をお願いして津軽三味線のことを勉強しようという会です。

1回目が皮張りの名人、小杉山さん、2回目が撥作りの名人高山さんに続き今回、3回目は、楽器関係ではなく、同じ津軽三味線演奏家の他流派の方をお願いすることになりました。そしてお願いしたのが小山貢隼さんです。気軽に引き受けて頂き本当にありがとうございました。

国際線の機長をされながら津軽三味線を始めて、退職後には演奏活動をしながら津軽三味線の合奏グループを率い、多くのコンクールで優勝、入賞をされているという方です。

本業と津軽三味線の関わり方や、どのように練習されたか、会社との就業規定や副業の問題など、その他様々なエピソードなどなどを講演頂き、大変有意義なお話を、楽しく語っていただきました。

当教室も会社に勤めながら、津軽三味線の名取として一人前の演奏家となったりまたは目指している人たちが多くいて、今回のお話はそういう意味で大変勉強になりました。

昨日の勉強会を仕切って講師を紹介頂いたのが、高須さんでしたが今日の会は初めに少し顔を出して頂きましたが本番は健康上の都合で出られなくて残念でした。

最後の懇親会では今年金木大会B級優勝をした木村香緒里と入賞した小倉輝久のお祝いの意味も込め懇親会が行われました。とても楽しく話が弾んでいい雰囲気でした。

最後に貢隼先生には高須さん都合を見ながら、快気祝いをみんなで是非やりましょうと言って頂きました。ありがとうございます。

また次の勉強会が楽しみになりました、皆さんおつかれさまでした。

 

 

 

 

教室の選び方、大久保津軽三味線教室の良い所とは?

今や、無数にある津軽三味線教室全国的にもネットで検索すると相当の数があることが解ります。それぞれに特徴があると思いますが。探している人はどこを見れば良いのでしょうか?

それには、何を求めているか?から考える必要があります。

津軽三味線の教室には大きく分けていくつかの特徴があり、教室とは一概に行っても習う教えるというソフト面と、設備としてのハードの両面の機能があります。今日はその両面から考えた条件を当教室のご紹介を兼ねて記述してみました。 続きを読む