三つ折にバラす時の糸の処理(糸がもつれない)

津軽三味線を三つ折ケースにしまう時、糸のしまい方を上手にしておかないと、後で組み立てる時に、糸がこんがらかって面倒なことになります。

三つ折にする時は糸を緩めて、音緒ごと取り外すわけですが、その外した音緒と糸をの処理の仕方がこれです、これで竿の抜く作業が楽にできます。

文章だと多分良く分からないと思いますので動画にしました。

[iframe id=”https://www.youtube.com/embed/nuFLkkrhedg” align=”center” mode=”normal” autoplay=”no” maxwidth=”450″ grow=”yes”]

これをしておかないと、竿の継手を抜いているときに糸がグチャグチャになってしまいますが、このように糸巻きに巻きつけて最後の音緒を、りんどう(胴の下につきでた棒で金色の金具付きの部分)にかける部分3本ある中の一番下の紐だけを、サワリのネジ部分に引っ掛けると、うまく止まります。

image

これで三つ折の作業が糸を気にせずできるし、後で出した時に絡まらずに済みます。

家元や先輩から教わった方法です。

津軽三味線の糸の張り方のコツ(三の糸の下の秘密)

津軽三味線の糸を張るときにちょっとしたコツがあります。

それは三本の糸は均等の間隔になるように張るのですが、少し一の糸側に寄せて張るというものです。言い換えると三の糸の下に棹が余るように張るようにします。

image113

これは昔、名人の三味線を近くで見ていて気が付いた事です。その後、他の名人もやっていました。

是非、自分の周辺の有名なプロ奏者がいたらこの部分を良く見て確かめてみて下さい。こんなことも教えてくれないのが芸人、職人の世界なのです、見て覚えろって言うことですね。

この時の糸巻から上ゴマの写真です。

image112

名人は何故このように糸を張るか?

自分なりの解釈ですが三の糸の下の棹の余裕部分が重要で、左手の指で糸を“ハジく”奏法をするときには、糸を人差し指で押さえて、薬指で糸を下に強く引っ張ってハジくように放す訳ですが、一の糸と二の糸は下に引っ張るときに薬指で引っ張るための棹がありますが、上の絵の三味線では三の糸の下に棹が無いのです、そのため強く押さえて下方向に糸を引っ張るための引っ張りシロとして余裕が欲しい、そこで一の糸側に寄せるようになったのだと思われます。

ここでもポイントは音色です。

三の糸をハジく音色が、普通に糸を張ると音がボケる、今日おススメの方法だとクッキリとしたメリハリのある音色となります。

このように張るためには、上ゴマは自由に幅を取れますが、胴上の駒の糸間隔は溝を切る段階で決まってしまうので、通常より少し狭くつける必要があり、9.5mm~11mmの間がこのような張り方をするときの適正巾です。この幅でコマから上ゴマまで平行に張ります。間隔は好みによります。

9.5mmはある名人の駒の溝巾ですがかなり狭く、慣れるのが大変ですから、通常は10.5mm位が弾きやすく音色も良い、バランスの取れた巾だと思います。あとは好みで決めていって下さい。

 

 

 

津軽三味線の糸

津軽三味線の糸は3本です。上の太いほうから一の糸、二の糸 三の糸と呼びます。

昔はすべて絹糸でした。有名な高橋竹山は全部絹の糸をつかっていたそうです。

今は特に一番細い3の糸はナイロンかテトロンの糸を使用します。2の糸は絹またはテトロン糸を使用します。一の糸はほとんど絹です。

いろいろな糸がいくつかのメーカーから出されていて、それぞれに音や耐久性が違いますので自分の楽器の状態と組み合わせて一番良い音が出て、許容範囲の耐久性があるものを選択するわけです。

以前のセットは

  1. 一の糸は(丸三)の中口
  2. 二の糸は(フジ)の絹15-2
  3. 三の糸は(フジ)のナイロンの15-2(金色の紙で止めてある)

どうしても2の糸が切れやすいのですが、化学繊維系で納得できる音のものがなかったので絹をつかっていました。一日持たないので糸切れに気を使って大変でした

いろいろ試してみて今は、2の糸はかなり良いものがあり、今は下の種類を使っています。また三の(ちくぶ)の糸はテトロンの二の糸と使うにはバランスが良くて私は気に入っています。
  1. 一の糸は(丸三)の中口
  2. 二の糸は(丸三)の放射線照射テトロンの15-2
  3. 三の糸は(ちくぶ)の13-3
糸の選び方も音色を第一に考えて
  • 楽器
  • バチ
  • 調弦
などの組み合わせで、自分の求める音色をイメージして最適なものを選択することになります。