名取勉強会

昨日は勝邦会の名取会が主催する勉強会がありました。
このイベントはすべて段取りから名取会と担当役員が段取りをしています。

教室に今回は11名の名取が集まり、その時々で講師の方をお願いして津軽三味線のことを勉強しようという会です。

1回目が皮張りの名人、小杉山さん、2回目が撥作りの名人高山さんに続き今回、3回目は、楽器関係ではなく、同じ津軽三味線演奏家の他流派の方をお願いすることになりました。そしてお願いしたのが小山貢隼さんです。気軽に引き受けて頂き本当にありがとうございました。

国際線の機長をされながら津軽三味線を始めて、退職後には演奏活動をしながら津軽三味線の合奏グループを率い、多くのコンクールで優勝、入賞をされているという方です。

本業と津軽三味線の関わり方や、どのように練習されたか、会社との就業規定や副業の問題など、その他様々なエピソードなどなどを講演頂き、大変有意義なお話を、楽しく語っていただきました。

当教室も会社に勤めながら、津軽三味線の名取として一人前の演奏家となったりまたは目指している人たちが多くいて、今回のお話はそういう意味で大変勉強になりました。

昨日の勉強会を仕切って講師を紹介頂いたのが、高須さんでしたが今日の会は初めに少し顔を出して頂きましたが本番は健康上の都合で出られなくて残念でした。

最後の懇親会では今年金木大会B級優勝をした木村香緒里と入賞した小倉輝久のお祝いの意味も込め懇親会が行われました。とても楽しく話が弾んでいい雰囲気でした。

最後に貢隼先生には高須さん都合を見ながら、快気祝いをみんなで是非やりましょうと言って頂きました。ありがとうございます。

また次の勉強会が楽しみになりました、皆さんおつかれさまでした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です